役員

代表理事 伊沢浩美

私は猫カフェを2008年に開業しました。新しい業態の猫カフェの魅力に2007年に取りつかれその1年後には脱サラをしてすべてを注いでお店を作りました。当時は猫を取り巻く環境にまったく無知でした。その後知人の紹介というご縁がありラグドールのブリードをすることになりました。同時にお店の下に子猫が遺棄されたり市民の保護活動の方からホテルに保護ねこを一時預かりなどしているうちに保護猫の活動もせざる負えなくなりました。飼い主のいない猫たちを保護し譲渡まで自ら行うようになりました。
そしてブリーダーの本来の姿とは何か?保護猫活動の目的は何なのか?と考えるうちに結局は法律だったり政治だったりすることに気づきました。そこでNPOを立ち上げ動物愛護法改正の環境省の部会を傍聴したり国会議員の方に陳情し活動をしてまいりました。更に犬猫以外の畜産動物にも5フリーダムを基本とするアニマルウエルフェアを推進するためにアニマルイシューサロンを主催して活動勉強しているところです。
動物を取り巻く環境をどうしたら改善できるのか?人間の悪質な商取引の材料にならないようにするにはどうしたらいいのか?一方で多頭飼育崩壊や高齢者の孤独死に伴う残されて行き場のない動物たちをどうしたらよりよく生きてもらえるのか?虐待ネグレクトをしない・させない社会にするにはどうしたらいいのか?等々課題は山積みです。
今は現状を知ってもらうための啓発活動、地域環境の保全につながる飼い主のいない猫の保護・譲渡会、ねこボランティアさんたちと勉強会、セミナーなどを開催しています。今後も動物たちのため前進し続けたいと思っています。
1965年東京生まれ。
サラリーマン時代は求人広告の営業を15年、それ以前は派遣会社のコーディネーター、受付、電話交換手など
2008年8月猫カフェ「たまねこ」を開業
ねこホテル、ねこシッター、ラグドールブリーディング、飼い主のいないねこの保護譲渡活動
2015年5月クラウドファンディングにてポポキオハナサイト作成プロジェクト達成
2016年11月堀江貴文イノベーション大学校に参加
2017年7月世田谷都議選に動物福祉を提案するため出馬し落選
2017年12月NPO法人キャットセイビア設立
2018年2月~5月愛媛県今治市津島で猫のシェルターを作るべく今治市に請願
2018年8月~多摩市猫の飼い方普及員会員
2018年9月動物愛護法の数値規制WEB署名4万3千人集めて超党派動物議連に陳情
2019年4月多摩市議選に動物福祉を提案するため出馬し落選
2019年12月犬猫肉食輸入禁止のWEB署名開始
2020年2月前澤ファンド応募し落選(猫島プロジェクト)
2020年4月コロナ禍によるたまねこクラウドファンディング達成
2020年7月アニマルイシューサロン開設

理事 中潟敦雄(スタジオ経営)

理事 有可百合子(斎藤なづな)(マンガ家非常勤講師)

監事 小笠原千佳(翻訳業)