生活の糧にしないブリーダーとは?

杉本彩さんが言っていたことばです。
ブリーダーから犬やねこを購入する場合は
販売代金を生活の糧にしていないブリーダーさんから
選んでください。というような内容でした。
更には、アフターケアもしてくれるところがいいでしょう。とも。
アフターケアは購入者にとってもわかりやすいですが
生活の糧にしていないというところが難しいですね。
どうやって判断したらいいのか戸惑うところだと思います。

例えばブリーダーにこう質問してみてください。
「他にお仕事はおもちですか?」と。
他に仕事や事業があればブリーダーだけで食べているわけではないと
判断できますね。
だからイコール安心とは言えませんが、
きちんと答えてくれて、信頼が持てるかどうかだと思います。
杉本彩さんの言うこともわかりますし、
それだけでは判断できないということもあるので微妙なところですね。

職業ブリーダーとなると、それがメインの収入になり
どうしても多頭飼育、過剰繁殖、過剰販売になりがちです。
実際にブリーディングしている環境や施設を見ることが重要かと思います。
インターネットだけで購入を決めて、ブリーダーが
空港などで持参するというのは事前に対面販売をする法規上違法です。

消費者が賢くならないといけませんね。
きちんと面倒でもブリーダーのところへ足を運ぶことです。
面倒くさいと思うかたや便利さを追求する方は
ペットの飼育に不向き化もしれません。

Follow me!

生活の糧にしないブリーダーとは?” に対して1件のコメントがあります。

  1. SannyRoups より:

    Nice posts! 🙂
    ___
    Sanny

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)