重度の漏斗胸のチワちゃん

重度の漏斗胸(ろうときょう)のチワちゃんは
多摩市内で保護された時から奇形でした。
生後2か月経ってもやっと400g超えたくらい。
普通なら1キロくらいあってもおかしくないのです。
そして預かりをしているねこたま庵さんが獣医さんに相談をして
大学病院を紹介してもらうことになりました。

手術代が15万円、そのほかにも酸素室のレンタルや
通院費もかかり募金を行うことになりました。
おかげさまでみなさまの善意で22万円も集まりました。

そして20日に手術が無事行われ、成功したとのこと。
呼吸の回復ができれば酸素室からも出られ
通常の生活ができるようになりそうです。
退院がもう少しですが元気になることを祈るばかりです。

こういう子は一生心配が尽きないかもしれませんが
その分とっても愛らしくいい子なのです。
その健気さに人は心打たれてなんとかしたいと強く思うのです。

私もチワちゃを見守っていきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です