自民党のマイクロチップ利権

マイクロチップ装着義務化について私的見解です。
マイクロチップは必要ではあるとは思う。でもそれが最優先事項ではないと思います。
まずはお金がかからないことが優先事項。つまり数値規制をしていくこと。
行政が数字をみて確認し判断できること。
その数値に見合ってない業者を排除できるようになることが最優先事項です。
議員たちはほんとうに犬猫のことをかんがえているのでしょうか?

そしてマイクロチップを入れるなら業者からでしょう。
第一種動物取扱業者に必須項目とし、しなければ罰則罰金、登録更新不可にするべき。
業者の遺棄を特定することができるしできない業者を廃業に追い込むことができます。
一般飼い主にはマイクロチップはあったほうがいいがかなり
格安に装着できるようにすることが望まれます。
だいたい住所を紙に書いて登録しておくが引っ越せばわからなくなるシステムです。
現状を変えない限り生涯にわたって管理などできるはずもなく。
マイクロチップと飼い主の紐づけがマイナンバーなどでできるといいのかも?
とにかく愛護法の改案にマイクロチップのみというのはありえない選択です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です