「ねこと友達になろう!」市民セミナーご報告1


ビッグプッチの呼び込み♪

2.24(日)聖蹟ヴィータホール8Fでおこないました
市民向けとしてははじめてのねこセミナーでした。
お客さんの入りは100名くらいだったでしょうか?
後半はもっと増えたような?(笑)
では、2回に分けてご報告させていただきます!
その前においでくださった本間市議、藤條市議、伊藤しゅんすけ衆議院議員の秘書様
メッセージをくださいました生方幸夫衆議院議員大変にありがとうございました!

まず1時限目は多摩クラーク動物病院の山口先生とユーチューバ―獣医師のなお先生の
対談形式のお話をいただきました。


1.ねこの不妊手術のメリットデメリットについて
メリットはストレスの軽減、乳腺症や子宮蓄膿症などの回避など
デメリットは肥満や尿路結石になりやすいなどをあげられていらっしゃいました。
とにかくねこや動物は種の保存にたいしてものすごいパワーをかけるので
それを取り払うことが人とうまく共存していくことにつながるのですね。

2.ワクチンの重要性について
家猫であれば一般的には3種混合でいいですが外に行くことが多いと5種や7種もある。
メリットは抗体ができるために病気のリスクの軽減
デメリットは肉腫などがあげられます
コアワクチンとノンコアワクチンや生ワクチンと不活化ワクチンなどの説明

3.パルボウイルスについて
両先生ともにとても怖い病気であることと特効薬がないこと
感染力が非常に高い事などをあげていらっしゃいました。
山口先生のが以前犬のパルボを経験されたことをお話くださいました。
とにかくパルボは対処療法と本動物の治癒能力の高さにかかっているということでした

ここで質問がありました
潜伏期間など教えてくださいということでした。
両先生より早くて5日おおむね7日から10日くらい無症状だということでした。

4.マイクロチップについて
マイクロチップはまだまだ少ないのが現状だが今後重要性が高まるでしょう。
差し込むときに痛みはあるがすぐになくなるので問題ないし
皮膚の下の組織に入れるのでその後も生活には問題ないというお話をいただきました

 

つづく!

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です