多摩市連光寺の保護現場

11月の上旬に多摩市内にお住いのねこのえさやりさんから
ご相談がありました。
「ねこにえさをあげていたらこの1年で倍の10頭になってしまった。
ひいては猫達を保護して里親探しをしてもらえないだろうか?」
という内容でした。
こういう相談が最近多いのですがほんとうに困ります。
愛護団体はねこの引き取り屋さんでもないし
なんでも解決してくれるところではありません。
いろいろと相談してご理解をいただきながら進めることにしました。

①白キジオス

 ②キジトラオス

③三毛メス


④白キジメス

4頭はリリースしました。

⑤白黒メス子猫(生後1ヶ月半くらい)
この子はリリースせずに保護して譲渡先を探したいと思います。
人慣れもすぐにできそうです

あと半分が大変です。

えさやりをするなら不妊手術を!
できないならえさはあげないこと!
それを理解してもらうことが私たちの仕事。
理解してくださればお手伝い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)