堀之内の保護ねこすみちゃん

八王子市堀之内で保護されたすみちゃんです。
エイズ陽性が出てしまいました。
しかしまだ2か月ですのでお母さんの抗体を引き継いでしまっている
ケースがほとんどですので5~6か月ころには再検査して陰転するかと思います。
※陰転とは陽性から陰性に変わることをいいます

2か月の女の子

とってもあまえんぼうさんでかわいいのです
点眼治療で目もきれいになりました。

 

この子を単独で飼って下さる方が一番の希望です。
エイズを発症しなければ寿命を全うできるのです。
普通のねこと変わらない生活ができます。

どうかかわいいすみちゃんを家族にしてもいいという方
お待ちしていますのでよろしくお願いいたします。

過去の保護ねこのこねこは2頭ともエイズ陽性から陰転しました。

※猫エイズには、3つのステージがあり、症状は、感染して4~6週間で一過性の発熱、
リンパ節の腫れが見られ、その後長い潜伏期があり、体重減少、口内炎、発熱、
リンパ節の腫脹、下痢が見られ、免疫力の低下する後発性免疫不全症候群といわれる時期になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)