プリズンドッグ勉強会♪

10.26に串田誠一議員主催のプリズンドッグ勉強会がありました。
ねこにも応用できないかと考えながら出席致しました。
高校三年生の方が参加されていましたが私が高校生の時などより数百倍大人ですし
とてもしっかりとされていて尊敬してしまうほどでした。

ジャーナリストの方のお話はいろいろと考えさせられることが多かったです。
受刑者が心を開いたり優しくなったり涙したりを実感して出所後のかかわりも
持っていらっしゃるなど素晴らしいと思いました。
しかし刑務所の中の動物介在教育はとても難しいことも知りました。
囚人は8時間しか働けないというのも初めて知りました
動物はある意味24時間の管理ということもネックに。
通い型と住込み型の課題も大きい。
盲導犬のパピープログラムだからこそあさひ社会復帰促進センターではできたようなものです。
しかし盲導犬のパピー養成はやはり一般家庭のほうがいいということもあるようです。
野犬や保護ねこなどの軟化訓練にでももし事故や擦傷などがあればそれも問題になる。


何かあればすぐに駆け付けられるような現場対応力など課題が多く
法律を変えていかなくてはならないことも厳しい条件です
ん~なかなか思うほど簡単にはいかないですね。

結局串田議員の提案する刑務所の外にアニマル総合センターのようなものが
できれば出所したあとの働き先としてはあってもいいのではないか?
そこでトリミングなどの技術を教えてることもありではないか?
男性トリマーも増えているそうなのでどんどん増やしたいですね。
そういうものを作るためにも支援や寄付が必要です

みなさんといろんな意見交換ができてよかったです♪

犬肉ドキュメンタリーの北田監督も参加くださいました。

熱心な串田議員

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)