多摩市議会にて藤條議員が質疑してくださいました!

多摩市藤條議員の一般質疑です。
飼育放棄したり入院したりする人たちがペットを飼っていた場合
普通であれば親族やご近所さんがその動物の行く先や世話をしますが
頼る人がだれもいない場合警察が入ったりして動物愛護団体が面倒をみることになります。
そのような場合には行政の福祉課とも連携をとらざる負えなかったりしますが
そういったときに愛護団体に丸投げでいいのでしょうか?

今期東京都が飼い主のいなくなった動物たちのための補助事業を今年度より始めました。
各市区町村が手を挙げる形になりますので多摩市にもぜひとも手を挙げていただきたく
藤條議員が質疑してくださいました。
市役所の答弁としては暮らしと文化部長が検討していきたいとおっしゃっていましたので
一歩前進したのかなと感じます。多摩市の思いやりを見てみたいですね。
藤條議員ありがとうございました!

#多摩市 #猫問題

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)