ノルウェーの繁殖者を非倫理的繁殖で提訴!

犬の非倫理的繁殖にメスか?
ソースはこちらから。

ノルウェー動物保護協会(NSPA)は、「動物福祉法」に違反しているとして同国のケネルクラブとブルドッグおよび
キャバリアのブリーディング・クラブなどをオスロ市の地方裁判所に提訴した。
被告側は裁判所に対して訴えの却下を求めていたが、訴訟には妥当性が認められるとされ5回にわたる審理が行われた。
年末または年明けには判決が言い渡されると見られる。

 

 

 

 

 

 

 

これはフレブルやキャバリアなどにある遺伝的疾患を防ぐためには交雑種との交配を司法に
判断してもらうというとても倫理的で難しい判断です。
これはクラブなどの純血種の繁殖規定では交雑種との交配を認めないことが理由です。
ねこには一部認めるクラブもありますが。
そもそも論ですがフルブレなどの頭が大きく改良したために
産道を通らないから帝王切開にせざるおえない犬種などを作りだした
繁殖者の倫理観のなさが問題になるということですので
今後の純血種の在り方や定義をひっくり返すことにもなりそうです。
司法がどう判断するか注目したいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)