多摩市和田の保護ねこたちについて

多摩市和田でママと子猫4頭保護しました。
しかし、全頭エイズでした。子供たちはママからもらってしまったのでしょう。
そして子猫が一頭亡くなりました。子猫から採血したら血がなかなか止まらなかったのです。
その時には異常とは気づけず。シェルターに戻ってきたときにあばれてまた出血。
翌日シャンプーしたらお腹に大きな血腫ができていて慌てて病院へ。
止血剤や点滴をしていただき戻りましたが3時間後に死亡してしまいました。
翌日先生に検体として診てもらいました。
その時に先生がおっしゃったのが死亡後の血腫が固まってなかったのは異常だということ。
通常はプリンのように固まるのにこの子猫は遺伝子の血液異常だと思うとのこと。
先生が16年保護ねこ見てきて初のケースだと言われました。
私もこのように血が止まらない病気があることを知ってほんとうに驚きました。
採血がこの子猫の死を間接的に誘発してしまったのです。野良だったら生きていられたのかな?
ほんとうにかわいそうな子ねこちゃんでした。
残された兄弟たちにはエイズ陰転して健康に生きてほしいです。
またジアルジアも出てしまい投薬とかまた大変です。

3兄弟保護するまでも大変でした

みけ

しろオス

しろオス

ママ

保護したことによって死んでしまうことになってしまったしろくん
たった2か月の命でした。
ごめんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)