オーストラリアでショップの生体販売禁止へ!

オーストラリアのビクトリア州で繁殖犬の店頭販売が禁止になりました!

2017年12月15日オーストラリア・ビクトリア州議会は
「商業的に繁殖された犬のペットショップでの店頭販売の禁止法」
「パピーファクトリーの廃止法」を正式に可決した。
このニュースはオーストラリアのテレビや新聞各紙が大きく報じた。
これは同年9月にアメリカ・カリフォルニア州法で決まった
「商業的に繁殖された犬、猫、うさぎのペットショップでの店頭販売の禁止(2019年1月施行)」と共に、
動物を愛する者にとってビッグニュースと言っていいだろう。

以上抜粋です。

アメリカのカリフォルニア州も昨年ペットショップでの
繁殖ペットの生体販売を禁止しましたね。
アダプトのペットのみ展示することになったのです。

アメリカも大きすぎて国の法律まではなかなか遠いですが
各州がどんどん法制化していければいいなと思います。
しかしカリフォルニア州はさすがに進んでいますね。
国土の広さとお国柄は日本と比べるのも難しいですが
アメリカの殺処分もまだまだ多いようです。
しかしシェルターの数が半端ないくらいあります。
確か500?くらいはあるようです。
日本は小さなシェルタ―でも数えるほどしかないですよね。
ほとんどのNPOが施設を持たない、一般の家庭でのお世話が
多いので仕方ないのですが、もっと規模を大きくしたいものです。

Follow me!

オーストラリアでショップの生体販売禁止へ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. 大西紀子 より:

    素晴らしい!
    やっぱりできるんだ!
    不可能な話、無理な話では決してないんだ!
    日本でこの禁止法をプレゼンしてくれる人はいないだろうか!
    古い体質で変わることを恐れるこの日本を変えてくれませんか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です