串田議員から小泉大臣への質疑&答弁

2/25環境委員会にて串田誠一議員が小泉大臣から多くの素晴らしい答弁をいくつももらいました。
小泉大臣「いずれの業界もポジショントークをしがちだけれど環境省としては動物愛護の精神で判断をしなければならない。ペットショップからではなく保護犬をまた飼いたいと思っている。一部の声にかたよらない幅広い意見を聞いていきたい。」
串田議員「ブリーダーを生き残らせるための数値規制であってはならない。国際社会に見合った数値規制をお願いしたい。犬肉食や動物園のことも含めた環境省の判断をお願いします。」

そのほかにも串田議員は小泉大臣へ「この数値規制が今後のすべての基準になるわけで
大きな一歩となるためにも小泉基準を作っていただきたい!」と懸命な質疑をおこない
人的リソースの足りなさと予算の確保もお願いしてくださり
動物愛護家の声を代弁してくださいました。
更には動物園のエンリッチメントや犬肉食の問題なども定義してくださり
小泉大臣から「犬肉は食べようとは思わない」という答弁ももらい
この1年の間の質疑の中でも素晴らしい事実を残せたのではないかと思いました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)