キャットセイビア2019年度保護譲渡数

2019.4~2020.3キャットセイビア集計結果

新規保護譲渡   25頭(全頭市内子猫、聖ヶ丘赤ちゃん含む)

一時保護譲渡   1頭(和田成猫をホテルにて預かり)

滞留譲渡     2頭(ハル、めぐ)

TNR      12頭(和田、連光寺)

半野良手術保護  5頭(馬引沢)

委託譲渡     2頭(和田)

サポート保護  2頭(愛宕)

合計49頭

 

 

一口に保護譲渡、TNRと言ってもいろいろな形態があり
とくに当法人のように飼養施設をもっていると
いろいろな対応が可能となりそのバリエーションも個人宅
保護活動家より広がります。
それでも圧倒的に多いのが保護して里親をみつけるという一番
リスク高く難易度と経費がかかるもの。
そこをいろいろな方たちの手助けによって可能にしています。
心ある方たちの気持ちと活動が小さな命を繋いでいきます。
来月より新年度がスタートします。
マンパワーの集結で身寄りのない子猫たちの保護譲渡を推進します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)